hogesako's diary

備忘録です。

楠田亜衣奈さん1stミニアルバム「First Sweet Wave」 各楽曲ごとのインタビューまとめ

2016/12/16追記

この記事の内容は下記サイトに移行しました。

kusupedia.com 声優・歌手 楠田亜衣奈さんの非公式ファンサイトです

 

今週末には渋谷duoでのFirst Sweet Wave発売記念イベントが開催されますね。ということで、各楽曲のインタビュー記事をまとめてみました。

ダイジェストなので、きちんと読みたい方は各記事をご参照ください。

 

トドケ ミライ!

  • (歌詞には”ボク”が”キミ”に届ける形で歌っていますが、この”キミ”というのはやはりファンのみんなを指しているんでしょうか)はい!応援してくださる方ひとりひとりに届けたいという想いで書かせていただきました。曲の1番は私から皆さんへの感謝の気持ちをストレートに伝えさせてもらって、続く2番は「たとえ嫌なことがあってもお互いに支えあっていきたい」というエールを込めて。(声優グランプリ9月号)
  • 泣いてありがとうではなく、笑ってありがとうという気持ちを伝えたくて。(リスアニ)
  • (歌詞を書くのは難しかったかという質問に対して)大変でした。例えば疾走感を表現するにはどういう言葉を当てはめればいいのか、”自転車”だとちょっと違うから、”ペダル”みたいな。連想ゲームみたいな感じで。詞が完成したときは、書けた!って思ったんですけど、振り返ると、もう少し良い言い回しがあったんじゃないかって考えちゃう自分がいて。でも、そのときに書いた精一杯だし、今、同じ歌詞を書けと言われても書けないから、それもそのときの私の本当の気持ちだし、いいんじゃないかって思ってます。(Pick-up Voice)

First Sweet Wave

  • ジムのランニングマシンで走りながらこの曲を聴いて、「これは走るのにピッタリだ!」と(笑)。この曲だったらソロ・デビューも走っていけるなって、背中を押された気がします。(リスアニ)
  • こだまさんに伺ったところ、「今まさに変わっていく世界の中で、この瞬間に感じているオモイや風や予感が全部、自分を動かす最初の波になって広がっていくイメージで」、楽曲タイトルをつけたそうです(Pick-up Voice)
  • タイトルの意味をおうかがいしたら、「今まさに変わっていく世界のなかで、この瞬間に感じている想い、風、予感が、自分を動かす”最初の波”になって広がっていくイメージ」だそうです。(声優グランプリ
  • 歌詞に<愛ナンテ>って歌詞があって、それは亜衣奈にかけていただいてるんです。デビューのドキドキ感を恋愛の歌詞に重ねてもらいました。(Pick-up Voice)
  • デビューしてこれからはじまるいろんなドキドキを、恋愛に絡めて表現していただいたそうです。また、私の音楽活動のスタートを新しく生まれる波に例えて、その波がここからどんどん広がっていくという意味も込めてくださりました。(声優アニメディア
  • (最近個人的にドキドキしたことはありますかという問いに対して)う~ん・・・・・・あ!先日車を動かすとき、死角になってた電柱にぶつかりそうになりました。あのときは焦りましたね~(声優アニメディア

オーマイダーリン

  • 歌っていてすごく楽しくて。レコーディングもすんなり進んでいって、自分らしく歌えた気がします。ライブでみんなと盛り上がりたいなって歌っていましたね。(リスアニ)
  • アップテンポでノリのいい曲なので、きっと楽しいんじゃないかなと思います!もちろん、この曲の”ダーリン”はファンの皆さんのこと。感謝の気持ちとともに「みんなと一緒ならがんばれるよ、楽しいよ」というメッセージを込めています。(声優グランプリ10月号)
  • 「全力で楽しもう」というところでジャンプ!(完成披露試聴会 ニコ生)

Heart's cry

  • アルバムで一番挑戦した曲かなって思います。「オーマイダーリン」みたいにロックだけど、かわいくなくてかっこよく歌いたいなって。(リスアニ)
  • 歌詞も主人公がだんだん強くなって、最後は決意表明するという内容なので、切なさだけじゃなく、力強さみたいなものを表現できたらなって。(リスアニ)
  • 切ない曲だけど、それだけじゃなく、途中からだんだん主人公の気持ちが変化して強くなっていく曲(Pick-up Voice)
  • ただ、悲しくて泣いているのではなく、つらいことを乗り越えていこうと思う強さがあって、”決意表明!どどーん!”みたいな感じ(笑)(声優グランプリ10月号

HO♡HOLIDAY

  • 楠田本人も憧れる”女の子の休日”という歌詞。(あにツタ)
  • ダンスができる曲が欲しいという話をして作っていただきました。(リスアニ)
  • ”今どきの女の子!”というイメージで、曲も歌詞もポップでカラフル。なのでライブではぜひかわいい振り付けを交えつつ歌ってみたいですね(声優グランプリ10月号
  • 完成披露試聴会で謎ダンスを披露されました(本番ではやらないそうです)。詳細は下記の方のツイートが詳しいと思います。

 

夢のつぼみ

  • 私が一番好きなのはDメロ。「あなたのもとへいつでもいつまでもこの花を届けるよ」という歌詞、いいと思いませんか?(声優パラダイス
  • ライブの最後にファンの皆さんと一緒に歌えたらいいなって思って作っていただいたので、レコーディングのときも皆さんの顔を思い出しながら歌いました。(リスアニ)
  • 私ひとりで歩んできたわけじゃなく、ファンの皆さんやスタッフの皆さんに支えられてきたので、私だけの表現じゃなく、ライブで皆さんと一緒に歌えたらなって。そういう思いを込めながら優しく歌いました。(Pick-up Voice)
  • 歌詞も「ファンの皆さんという”ヒカリ”に出会って、夢の花が咲く」という「感謝」を伝える内容になっています。”皆さんのヒカリ”になれたらいいなという気持ちを込めて歌っています。ライブで歌うときは、皆さんにそれぞれの想いのままに聴いていただけたらうれしいなって・・・・・・。とくにこの曲は皆さんと一緒に歌うことで完成する曲だと思うので、CDで聴くのとはまた違ったよさが出るんじゃないかと想います!(声優グランプリ10月号

 

アルバム「First Sweet Wave」について

  • ミニアルバムだからといってコンセプトをひとつ決めるのではなく、シングルの集合体のような内容にしようという思いがありました。それぞれの曲に大きな個性があり、自己紹介のような感じで私のいろんな面をお見せできたらなと思ったんです。(声優アニメディア
  • 「素の私がそのまま出ている」という感じではないですよね。それよりも、「今の私がいろんなことに挑戦してみた一枚」という感じがしっくりくると思います。(声優パラダイス
  • 「どんな1枚になった?」という質問の答えがもうひとつ、増えました!このミニアルバムは、「早くみなさんの顔を見て歌いたい!」と思ってしまう曲たちが6曲揃っている1枚、ですね!(声優パラダイス
  • アルバム全編、今の自分じゃないとこういう歌い方もできないし、こういう歌も歌えなかったという一枚になった気がします。まさに2015年10月現在の楠田亜衣奈という作品かなって思いますね。(リスアニ)